LUPINUS ルピナスサッカースクール

FC東京下部組織出身プロ第1号
馬場憂太のサッカースクール

07021783914 お問い合わせ

COLUMN

馬場憂太のサッカーコラム

子供のやる気を育てる親の役割

こんにちは。馬場憂太です。平昌五輪も無事閉幕しましたね。選手の皆さんお疲れ様でした!! いよいよ次はロシアワールドカップです!!今から待ち遠しいですね!!

さて、今回もコラムをお読み頂いたご父兄の方からこのようなご質問をお受けしましたのでお答えしたいと思います。

息子がずっと補欠なのですが続けさせるべきでしょうか。

お子様は今、どんな想いでサッカーをされているでしょうか。
「試合に出たい?」「とにかくサッカーが楽しい?」「仲間や友達がたくさんいるから?」理由は様々だと思いますが、何より大切なのは、お子様がこれからもサッカーを楽しみ、続けたいと思う気持ちがあるかという事で、レギュラーになって試合に出る事だけが全てではないと思います。

お子様には無限の可能性が秘められております。その可能性を広げていく為には、自分の意思で頑張ろうと考えるメンタリティが必要だと思っています。

ただ、お子様に自分の意思で頑張ろうと考えるメンタリティを持たせる為には親の働きかけが必須です。その働きかけとはお子様の世界観を広げ、人生のビジョンを示す事です。なので、お子様にたくさん声をかけてあげてください。

「楽しくサッカーに取り組めているのか。」「この先どうしたいか。どうなりたいか。」「これからもサッカーを続けていきたいのか。」などなど日々コミュニケーションを取り、いつも側で親がサポートしてくれている事でお子様は安心してサッカーに没頭する事ができます。

思い返すと私の親もいつもサポートしてくれていましたし、毎日のように会話していました。今でもそうです。何の文句も言わずに、私の側でサポートしてくれていたからこそ、のびのびとサッカーに取り組む事ができました。

「親が常に僕の事を応援してくれている。」

そう思えたから私は「頑張って親にも喜んでもらいたい! 誰よりも上手になって活躍したい!」とサッカーを続けられました。

そして私は自信を持って言えます。 サポートしてくれる親がいたからこそ、自分はプロのサッカー選手になり、他の人には真似が出来ないプレイを魅せれる選手になり、Jリーグでサッカーをし、他国の世界の選手達と日の丸を背負ってプレイする 事が出来る環境まで行けたと・・・。

こんな風にお子様のモチベーションが上がるようなサポートをしてみてあげてください。親子間の会話から世界観が広がり自ら目標を定め、目的意識を持って勉強するようになるはずです!!

まずはお子様の意思を聞いて、その意思を尊重してあげてください。親は一番身近な大人であり一番のサポーターである事を忘れないでください!


ルピナスサッカースクールでは初心者から経験者までお子様一人一人が楽しくボールと触れ合える環境と「サッカー大好き!」心からそう思っていただけるようなプログラムを常に考え提供し、子供たちの成長と未来の為に基礎からしっかりと指導していきます。無料体験会も随時実施していますのでお気軽にお問い合わせください!

LETS TRY

無料体験会実施中!

お申し込みはコチラから!

トップへ